OUR BRANDS -

アルペングループのブランド

創業当初から始めた自社商品開発。アルペングループのブランドはお値打ち価格と高品質を両立。
ウィンター、アウトドア、フィットネス、各種スポーツなど全てのカテゴリーで展開し、全取り扱い商品数の4割を占めます。

製造小売業だからできる、
こだわりの自社開発商品

小売業として日々お客様と接していると、「こういう商品が欲しい」という声をよく聞きます。
こうしたお客様の声を反映してできあがったのが、当社のオリジナル商品の数々です。大手メーカーでは製造していないものでも、
当社では自社で保有する研究開発センターや海外工場を活用し、開発・製造を行い全国のアルペングループのお店で販売しています。

アルペングループは、創業当初から「お客様のニーズがあっても大手メーカーが供給できない商品は、小売業が開発・製造して提供していくべきだ」と考えています。そのため、他社とは一線を画した商品開発体制を持っています。当社の商品開発は、100%子会社である「ジャパーナ」が一貫して実施。100人規模の技術者を抱える国内の研究開発センター、中国・カンボジアに保有する自社工場など、その設備や開発、製造、品質保証体制は「製造メーカー」と遜色ありません。このようなアルペングループしか持っていない自社商品開発体制を活かして、スキー、ゴルフを始めとして全スポーツカテゴリーで当社オリジナルの自社商品を開発しています。スポーツデポで販売している商品の4割以上が自社開発商品です。

当社の開発商品においては、数多くの特許を出願、取得しています。
ここ数年で市場ニーズが高まってきている「ダイヤル式シューズ」も当社が特許を出願しています。
この仕組みはもともとスノーボードシューズ開発で培った技術。このデバイスの小型化に成功し、ゴルフシューズを皮切りに、ウォーキングシューズ、テニスシューズ、トレッキングシューズなどへと展開しています。これまでの紐靴だと「紐がほどけたり緩んで面倒」というお客様の声に応え、様々なカテゴリーのシューズを展開しています。最近では、スポーツシューズの枠を超え、「ダイヤル式安全靴」も独自に開発。ホームセンターなど他業種への卸売りを実施するなど、当社の自社開発商品は「プライベートブランド」から「ナショナルブランド」へと進化をしつつあります。