DO! SKI SKI MAGALOG2016-17
29/40

28「透き通るような青空、澄み渡る空気、真っ白な雪。絶好のスキー日和!」と友人からメールが届く。けど私は仕事中!!28「透き通るような青空澄み渡る空気真っ白な雪絶好のスキ日和!」と友人からメルが届くけど私は仕事中!!ガラスの約10倍もの強度を誇るポリカーボネイトレンズがおすすめ。優れた耐衝撃性は、ゲレンデなどの気温が低い環境でも性能が衰えないので、滑走時の衝突などに備えた安全対策としても有効だ。衝撃に強いレンズは?レンズにくもりが発生するのは、体温でゴーグル内部の空気が暖められ、外気との温度差によって結露状態になるため。ダブルレンズは2枚のレンズの中間に空気の断熱層をつくることにより、くもりにくくしてくれる。ダブルレンズはなぜ良いか?スキー場では雪面からの照り返しが非常に高く、光が乱反射している状態だ。偏光レンズは一定方向からの光だけを透過し乱反射による視界性の低下を防いでくれる。反射光をカットするには?偏光レンズで見た場合ノーマルレンズで見た場合天候やシチュエーションによる明るさごとに適したレンズカラーがあり、見やすさが違ってくる。下記のようにそれぞれのシーンに応じて使い分けるのがベストだ。レンズカラーの選び方は?2枚のレンズの間に断熱層をつくったダブルレンズ、内側に付着する水分を吸収するくもり止め加工レンズなどが採用されている。また電動式のファンで強制的に空気循環を図るタイプ、エアフロー調整できる可動式の通気口を設けたタイプなどにも注目したい。くもり止め対策は?眼鏡使用可能を選べば、普段使っている眼鏡をかけたままゴーグルを装着することができる。レンズ内側の空間を広く取り、フェイスパッドに切込みを入れるなど工夫がされている。眼鏡をかけたまま…1Point4Point6Point7Point2Point8Pointは??偏光レンズは?くもり止め専門家の研究によると、紫外線は直接肌に浴びなくても、目に入るだけで全身にメラニン色素を生成し、日焼けと同じ症状を招くとのこと。とくにスキー場では、雪面からの反射が加わって、紫外線の脅威が増大する。ゲレンデで着用するゴーグルやサングラスは、今やUVカットレンズが常識だ。紫外線を防ぐには?3Pointは??UVカットか???ダブルレンズ球面レンズはレンズが球の一部を切り取ったような形をしており、レンズ自体が丸みを帯びているため、視界が歪みにくい。また、レンズ内の容積が大きく、目からの距離が離れるため、ゴーグル内の空気は暖まりにくく、くもりも発生しにくい。球面レンズとは?5Pointは?球面レンズ球面レンズくもり止めUVカットダブルレンズ球面レンズくもり止めUVカットダブルレンズ※店頭で試着し、確認することをおすすめします。眼鏡使用可眼鏡使用可眼鏡使用可眼鏡使用可眼鏡使用可ま……眼鏡使用可GL446UGL446Uフレームカラー:フレームカラー:ブラックブラックggGL486LGL486Lフレームカラー:フレームカラー:ブラックブラックggGL366GGL366Gフレームカラー:フレームカラー:グレーグレーggGL366GGL366Gフレームカラー:フレームカラー:ブルーブルーggGL476UGL476Uフレームカラー:フレームカラー:ベージュベージュgg600-WCM600-WCMフレームカラー:フレームカラー:ホワイト、ブラックホワイト、ブラックgg750-WCM750-WCMフレームカラー:フレームカラー:シルバー、レッドシルバー、レッドgg888-WMD888-WMDフレームカラー:フレームカラー:ブラック、シルバーブラック、シルバーgg888-WPK888-WPKフレームカラー:フレームカラー:レッド、ブラックレッド、ブラックgg共通ポイント共通ポイント

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です