COMPLIANCE -

「フェアプレーの精神」

アルペングループは、信頼性の高い企業運営によって社会に貢献することを目指しており、そのためには全社員が、
単なる「法令遵守」にとどまらず、「企業倫理」や「社会常識」に基づいて業務を遂行することが必要と考えています。
そのための仕組みづくりや教育・研修、モニタリング等の活動を着実に実施するための体制を整えています。

アルペングループは、スポーツ中心のライフスタイルを提案する企業として、お客様・取引先様・社員、それをとりまく世界全体に対して、「フェアプレーの精神」で企業活動を推進してまいります。法令遵守の具体的内容を明確にするため、「コンプライアンスコード」を制定し、すべての役員・社員は、コードを熟知し、行動の規範としなければならないこととしています。
また、「内部統制基本方針」において、コンプライアンスの取り組みに関する基本事項を定め、これを適切に運用することによりコンプライアンスの徹底と社会的信用の向上を図っています。

コンプライアンスの専門部署である「総務部法務・株式グループ」を設置するとともに、コンプライアンス・リスク管理の実現を担保するため、代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置しています。コンプライアンス委員会は、会社の業務全般にわたり、コンプライアンス・リスク管理に関する一切の業務を実行することとしています。
また、コンプライアンス経営を着実に実践するために、各部室およびグループ各社は、遵守すべき法令等の自主点検制度による点検を行うとともに、内部監査室が監査を行い、点検結果がコンプライアンス委員会に報告されることで、グループ一体となってコンプライアンス経営を推進する仕組みを整えています。 図は左右にスクロールしてご覧いただけます

コンプライアンスについての図 コンプライアンスについての図

企業が社会の信頼を得るためには、トップマネジメントおよび社員一人ひとりが、社会人としての自覚のもとに高い倫理観に従って行動することが必要です。私たちは、社会的な倫理の遵守のうえに組織の意思決定を行い、事業活動を展開していきます。一人ひとりが日常の活動をあらためて振り返り、正しい意思決定や行動を行うよう、コンプライアンス精神の浸透に努めています。
コンプライアンスコードの徹底・定着、倫理意識の更なる向上を図るべく、アルペン本体のみならず、グループ会社においても、職場でのOJT、新入社員研修や役職者研修等、社員個々人のコンプライアンス意識を高める人材教育を行っています。

社員教育のイメージ 社員教育のイメージ

アルペングループは、社内の法令および社内規程等に対する違反行為の早期発見と是正、再発防止等を目的とし、グループ会社で勤務するすべての者が利用できるホットライン窓口を社内に設置しています。ホットラインの運用にあたっては、相談者の匿名性確保に十分配慮するとともに、相談者に対する不利益取扱いを禁止することを社内規程で明確に定めています。
また、ホットラインの周知を図るため、連絡先を全社員が常に確認できる場所に掲示するなど、周知活動に努めています。