アルペングループのコンプライアンス方針

アルペングループは、信頼性の高い企業運営によって社会に貢献することを目指しています。全社員が、単なる「法令遵守」にとどまらず、「企業倫理」や「社会常識」に基づいて業務を遂行することが必要です。そのための仕組みづくりや教育・研修、モニタリング等の活動を着実に実施するため、コンプライアンスの専門部署である「総務部法務グループ」を設置するとともに、コンプライアンス方針を策定・推進する「コンプライアンス委員会」を設立し、アルペングループ一体となってコンプライアンス経営を推進してまいります。

1.「フェアプレーの精神」

アルペングループは、スポーツ中心のライフスタイルを提案する企業として、お客様・取引先・社員、それをとりまく世界全体に対して、「フェアプレーの精神」で企業活動を推進してまいります。

2.社員一人ひとりによる実践

企業が社会の信頼を得るためには、トップマネジメントおよび社員一人ひとりが、社会人としての自覚のもとに高い倫理観に従って行動することが必要です。私たちは、社会的な倫理の遵守のうえに組織の意思決定を行い、事業活動を展開していきます。一人ひとりが日常の活動をあらためて振り返り、正しい意思決定や行動を行なうよう、コンプライアンス精神の浸透に努めてまいります。

3.アルペングループ全体での取り組み

アルペン本体のみならず、グループ会社においても、コンプライアンスコードの策定や研修の実施を通して社員の意識向上を図ってまいります。

4.「仕組み作り」と「人材育成」

コンプライアンス経営を着実に実践するために、遵守すべき法令の点検活動を担当部署において行なうとともに、各部署において精度の高い「リスク管理の自主点検」の進捗管理をおこなってまいります。同時に、コンプライアンス規程やコンプライアンスコードの徹底・定着、倫理意識の更なる向上を図るため、職場でのOJT、新入社員研修や役職者研修等を行なっています。これにより、コンプライアンス経営に向けての「仕組み」と、社員個々人のコンプライアンス意識を高める「人材育成」がバランスよく機能するように運営してまいります。