これからのスタンダード これからのスタンダード

(2019 WINTER)

(with MASASHI MIURA)

SCROLL

今季は日常シーンはもちろん、
ビジネスでも使える万能アウターが充実。
機能性もあり、洗練された印象なので
幅広いシーンに対応してくれます。
売り切れ前にぜひチェックを。

0115

軽くて暖かい軽量ダウンジャケットは、ひとつあると重宝するアイテム。高機能テック素材のセットアップの上から羽織れば、動きやすく暖かに過ごせます。冬本番にはインナーダウンとしても活躍。

0215

スウェットとテーパードパンツのカジュアルスタイルは、明るい色味を選ぶと若々しい印象に。スウェットを1枚で着るならば、起毛が長めになっていて、やわらかい裏シャギーを選ぶのが正解です。

0315

着膨れしない裏シャギースウェットのセットアップは、白いインナーを合わせて抜け感をプラス。少し光沢感のある生地なので、スウェットでもカジュアルすぎず洗練された印象になります。

0415

アクティブな日の装いは、オールブラックだとスタイリッシュにまとまります。動きを邪魔しない全方向にストレッチが効いたパンツや、保温性のある裏シャギーのスウェットを合わせて、機能面も抜かりなく。

0515

自宅周辺の外出時でもスタイリッシュな装いをするのが大人の男の嗜み。風を通しにくく、撥水効果もあるタフタフードジャケットなら、さっと羽織るだけで様になります。静電気防止効果のあるフリースもおすすめ。

0615

アウトドア感のあるボアフリースブルゾンを主役にするならシンプルな着こなしが正解。胸ポケットやネック部分のカーキが膨張しがちな白の引き締め役に。インナーにi HEATトップスを着れば真冬でも温かく快適。

0715

トップスの切り替えデザインが目を引く冬の定番スタイル。風を通しにくい中綿ジャケットはブラックより、カーキを選ぶと全体が明るい印象になります。幅広い色やデザインに合う色なのでぜひトライしてみて。

0815

軽量のインナーダウンジャケットは、肌寒さを感じたらバッグからさっと出して使え、これからの時期に重宝するアイテム。シンプルなデザインが多いので意外とシャツの上から羽織っても様になります。

0915

撥水効果のあるマットな生地のシームレスダウンは、ハリ感のあるテックスウェットパンツと相性よし。人気のカモ柄スウェットを着こなしのアクセントにすれば、定番コーディネートに変化球を加えられます。

1015

流行のサイドラインパンツを着こなすならば、スポーティな印象にするのが肝。ただし、どこかに異なるテイストを入れると野暮ったくならずに洗練されたムードに。冬ならばアウターで取り入れるのがおすすめです。

1115

保温性の高い中綿を使用したフードジャケットは、広めに取った襟部分が首をガードしてくれるので風の強い日でも温かく着用できます。静電気防止機能のあるフリースパンツを合わせて、真冬も快適に過ごしましょう。

1215

軽くふんわりとした着心地で愛用者も多い、静電気防止フリースジャケット。伸縮性も高く、どんな動きにもフィットするのでお子さんとの外遊びやジム帰りなどにもぴったり。濃淡のある配色デザインもポイント。

1315

トップスの上からさっと着られるハーフジップブルゾンは、ドライブや寒暖差のあるアウトドアシーンに活躍。ダークトーンになりがちな冬場は、オレンジなどの明るい色味をチョイスするとおしゃれに着こなせます。

1415

厚みのあるテックスウェットに合わせるならば、ナイロン製のジャケットがおすすめ。軽量で風を通しにくいというメリットもありますが、生地感で着こなしにメリハリがつき、ワンランク上のスタイリングに。

1515

ツイル素材のアウターは、高級感もありビジネスシーンにも対応可能。縫い目やポケットのデザインによって、どこかスポーティな雰囲気が感じられます。細部にまでこだわり、隙のないコーディネートを目指してみて。

IGNIOイメージキャラクター

三浦理志

18歳で雑誌モデルとしてデビューして以来、数多くの雑誌・CM・広告・ショーなどで活躍中。レギュラーモデルを務めるファッション誌「OCEANS」では、調理師免許を活かし、食にまつわる連載も担当。サーフィンフリークとしても知られており、「毎朝のルーティーンは波チェック」と言うほど自身のライフスタイルに欠かせない存在となっている。

オンラインストアで商品一覧を見る