IRポリシー

1.IR活動の目的と基本方針

当社は、株主・投資家・アナリストの皆様に当社の価値を正当に評価していただくことをIR活動の目的としています。

そのために、IR活動にあたっては、常に誠意を持った対応を心がけ、当社の経営方針や財務状況等に関する情報を、公平かつ適時・正確に提供することを基本姿勢としています。

当社は、このポリシーを社内全体に浸透させ、徹底させてまいります。投資家・株主の方からのお問合せにつきましては、全てIR担当部門が対応いたします。これは、当社および社員を証券取引法を含む法的責任から保護することを目的としています。

2.情報開示の方法

当社が公表する情報は、TDnet(Timely Disclosure network:東京証券取引所が提供している適時情報伝達システム)への登録に加えて、当社のIRサイト「株主・投資家向け情報」に掲載することで、公平性の高い開示に努めてまいります。その他、株主の方々には事業報告書を定期的に送付させていただき、事業の進捗状況をお知らせしてまいります。

3.業績予想および将来の見通しについて

業績予想および将来の予測につきましては、出来る限り予測精度を高めることに努力することに加え、見通しの変化が生じる場合には速やかに開示いたします。しかしながら、これらの情報につきましては、その時点で入手可能な情報に基づいた当社の仮定および判断を前提とする予想であり、その内容を保証するものではありません。

アナリストや情報紙等の第三者による業績予測については、予測された方々のお考えによるものであるため、当社は一切言及いたしません。

4.沈黙期間について

当社では、決算発表前に株価に影響のある情報の漏洩を防止し、公平性を確保するため、決算期末の後に「沈黙期間」を設けてさせていただいております。その期間につきましては、決算に関するコメントや質問への回答は控えさせていただきますので、ご了承ください。

ただし、「沈黙期間」中に判明した業績予想と既発表の業績予想から大きく乖離することが見込まれる場合には、適宜、業績予想修正として情報開示を行います。

5.免責事項

当社が当ホームページにより提供しているデータに関しては、万全を期しておりますが、それらの情報の正確性、完全性、有用性を保証するものではありません。また、ホームページのいかなる情報も、当社株式の購入や売却などを勧誘するものではありません。情報の利用につきましては、利用者の判断によって行っていただきますようお願いいたします。なお、情報利用の結果生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うものではないことをご了承下さい。

また、当ホームページには当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合、または他の方法で開示された情報とは異なった表現の仕方をしている場合があります。 また、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、あらかじめご承知おきください。