RECRUITING SITE

チームで成し遂げる。
仕事も、遊びも。

スポーツデポ

鈴木 結衣

ACTIVITY
ALL SPORTS

QUESTION

どんな仕事をしていますか?

アルペングループの中でも、特に演出方法や世界観を大切にしている新フォーマットの新店舗で仕事をしています。新店舗は既存店舗に対し、大きな特徴が二つあるのですが、その一つが、マネキンの数。お客様の「着てみたい」「履いてみたい」「使ってみたい」といった購買意欲を高められるよう、見せ方にはかなりこだわっています。もう一つの特徴は、“体験型”の店舗であること。例えばシューズコーナーでは、アスファルト調の床やトレッドミルを設置して、よりリアルな状態で試し走りできるようにしています。お客様とコミュニケーションを取りながら、常に何を求めているかを考え、ニーズに応えた販売ができるよう、居心地と雰囲気の良いお店づくりをを目指す毎日です。

これまで一番全力で挑んだ仕事は?

新フォーマット店舗のオープン準備、オープンセールに関わったことです。入社から2店舗目でオープニングスタッフに加えていただいたので、どう準備していけば良いのかさえも分からない状態からのスタート。応援で来てくださっている社員さんやこれから一緒に働く先輩、上司からたくさん意見を聞きましたし、彼らが何を考えどう動いているかを見て学ぶよう努力しました。ときには自信をなくし落ち込んだりもしましたが、年齢の近いスタッフが多かったこともあり、学生時代の部活のような一体感で後押ししてくれて本当に助けられました。がむしゃらに駆け抜け、いよいよやって来たオープン初日。3日間分用意した目玉商品がわずか半日で売り切れてしまうほどの盛況で、セールが終わった時は今までにない達成感と充実感で満たされたのが、今でも昨日のことのように蘇ってきます。新店の社員としてオープンに携われたことで、自身の成長にもつながった挑戦でした。

OFFスタイルを見る

チームで成し遂げる。
仕事も、遊びも。

スポーツデポ

鈴木 結衣

ACTIVITY
ALL SPORTS

QUESTION

全力で楽しんでいることは?

高校、大学時代の友達と遊ぶことです!私は大学までずっと野球とソフトボールを続けてきました。今でも頻繁に連絡を取ったり旅行や買い物、飲みに行ったりするのはかつての仲間がほとんどです。サービス業なので平日しかお休みが取れないイメージがありますが、事前申請すれば土日でも休みを取れるため、一般企業の友達と旅行…なんてことも可能なのがアルペンのいいところですね。旅先で思い出話をしながら温泉に入ったりすれば、悩みも疲れもどこかへ行ってしまいます。時には学生時代の熱が再燃し、キャッチボールやバッティングセンターで汗を流したり、先輩や後輩を交えてOG戦をすることも。心から気の許せる友達とたくさん話してたくさん笑うことが、私の元気の源です!

オンとオフをどう切り替えていますか?

スケジュール管理を大切にするようにしています。何をいつ実施したいのか、しなければいけないのかを管理することで、月間、週間でのスケージュールも立てやすくなる。それが結果として心の余裕につながり、オン・オフの切り替えもしやすくなると思っています。スケジュールを立て、目の前のことに集中するのが、私のオン・オフを切り替えるスタイルですね。あとは、格好。仕事用のランニングウェアを身に纏うと、心もキリッとオンモードに変わります。

ONスタイルを見る

OFFON
スタイル
を見る

BUSINESS SCHEDULE

商品補充 売場のメンテナンス、商品補充、メーカー客注確認、売場変更
OFF バッティングセンターでリフレッシュ!
メンテナンス 売り場の演出確認や欠品商品がないかチェック
企画演出 引き継ぎ確認、荷受商品の品出し、企画演出、広告準備
教育 荷受商品の品出し、臨時社員さんの商品知識教育
接客 販売、売場巡回、人員配置の指示出し、各コーナーのフォロー
OFF 友人を招いて、自宅で鍋パーティー!

アルペングループで働く魅力

大学時代に体育の教員免許を取得したので、教員になろうかスポーツに携わる仕事にしようか迷っていた時、アルペンの人事の人に「先生っていうのは、子供たちがきちんと社会に出られるよう、育てていく場。社会に出たことのある先生が授業をやったほうが説得力もあるし、教えられることも多いから、まず社会に出てみることも大切」と言われたことが心に響き、入社を決めました。社内の人間だけでなく、仕事を通して多くのお客様と触れ合い、視野を広げていけるアルペンを選んで本当に良かったと思っています。もちろん一緒に働く仲間はスポーツが好きな人が多いということもあり、みんなとても明るくて裏表がなく、素敵な人ばかり。働きやすい環境で好きなスポーツの仕事ができる、というのはアルペンだからこその魅力ですね。