adidas adidas

アスリートの「筋連動」のために生まれた、新たなハイパフォーマンスベースレイヤー「alphaskinSKIN(アルファスキン)」。
アディダスは、人それぞれが生まれ持った体のバランスを崩さずに、一部分だけでなく全身の筋肉を効率よく連動させること(=筋連動)が大事だと考えます。ただ体を大きくしたり、一部分の筋肉を強くしたとしても、それを支える骨や腱までは鍛えられません。アスリートが本来備えているパワーとスピードをバランスよく保持し、全身を鍛えることでパフォーマンスを引き出すべきであり、「alphaskinSKIN(アルファスキン)」は、このようなコンセプトに基づいて開発されました。トップモデルである「ELITE(エリート)」をはじめ「ATHLETE(アスリート)」「TEAM(チーム)」の3 レンジの展開となります。

MOVIE

TECHNOLOGY

  • アスリートの身体を360°包み込む 「ボディーラッピング」

    「alphaskinSKIN」は、アスリートの動きを妨げず、第二の皮膚のような着圧感をもたらす「ボディラッピング」をコンセプトに採用。

    トップモデルの「ELITE」レンジにおいては、立体的に裁断された伸縮性のある布を使用し、ボンディングにより圧着した縫い目のないシームレスデザインを実現した「3D コンストラクション」を採用し、さらなるフィット感を追求。
    前身頃と後ろ身頃を合わせた従来のベースレイヤーとは異なり、人間の動きを意識した3D 構造で体をラッピング(巻きつける)するデザインを採用することで、よりカラダにフィットした着用感を実現しています。

  • 筋連動を意識するための 「キネティックライン」

    「alphaskinSKIN」のデザイン的な特徴でもある「キネティックライン」は、人間の筋肉の連動や身体の動きに沿って設計されたライン。

    動作時の基準になる「アンカーポイント」と動く部位である「ブレイクポイント」の2ヶ所を軸にして、「アンカーポイント」から「ブレイクポイント」へと捻転するように走る「キネティックライン」が、アスリートの動きを妨げることなく、筋連動を意識したトレーニングをサポートします。

PRODUCT

  • ELITE(エリート)

    「ボディーラッピング」コンセプトを基にした「3D コンストラクション」により運動中のフィット性をさらに向上。
    アスリートの新概念「筋連動」を意識するために生まれた「キネティックライン」を採用。

  • ATHLETE(アスリート)

    アスリートの新概念「筋連動」を意識するために生まれた「キネティックライン」を採用。
    体をクールでドライに保つアディダス史上最高※の冷却テクノロジー「CLIMACHILL」搭載。

    ※2017年12月10日アディダス調べ
  • TEAM(チーム)

    アスリートの新概念「筋連動」を意識するために生まれた「キネティックライン」を採用。
    優れた吸汗速乾性と通気性により快適さを維持する「CLIMACOOL」搭載。

TECHNOLOGY MODEL 3Dコンストラクション キネティックライン ホールド力 素材特性 シームレス 縫製方法
ELITE エリートモデル 筋連動性高い伸縮性 ボンディング加工
ATHELETE ミドルバランスモデル 冷却性 軽量性 メローシーム
TEAM エントリーモデル 通気性 快適性 フラットシーム
すべてのalphaskinSKIN(アルファスキン)を見る

PLAYERS' VOICE

  • 日本人が世界で戦うため
    もっと意識したい。
    FOOTBALL 香川 真司

    身体の大きさで劣る日本人が世界で戦うためには、もっと自分の培ってきた体の特長や強みを活かす必要があると思います。ピッチでの勝負の瞬間を左右するクイックな動きやスピードは強みの1つとして意識し続けているものです。
    この僕の強みを引き出すためにもバランス良く全身の筋肉を連動させられるように普段からトレーニングに取り組んでいます。“筋連動”を意識できる「alphaskinSKIN」はこれからの僕にとっても大きな武器になると思います。

  • 「alphaskin SKIN」は第二の皮膚。
    FOOTBALL 内田 篤人

    さまざまなトレーニングの動きにも「alphaskinSKIN」はカラダにピタッとフィットしてくれます。隙間ができることもないし、かと言って動きにくいと感じることもない。
    縫い目がなく着ているのを忘れるくらいで、第二の皮膚という印象です。カラダがもともと持っているバランスを生かすことができる「alphaskinSKIN」で、自分のパフォーマンスをもっと高めていきたいと思います。

  • 筋肉の動きを妨げることなく、
    しっかりサポート。
    FOOTBALL 酒井 高徳

    「alphaskinSKIN」を初めて着たときに感じたのは、いままでのどのベースレイヤーよりも動きやすいということ。自分の筋肉の動きを妨げることなく、しっかりサポートしてくれます。しっかり着圧もあるのに、どんな動きにもついてくる。
    「alphaskinSKIN」を着ることで、これまで以上に“ 筋連動” を意識するようになりました。

  • 自分の能力を今まで以上に
    引き出してくれる。
    BASEBALL 坂本 勇人

    “ 筋連動” の重要さは、これまでも意識してきました。もっとパワーが欲しい、もっとスピードが欲しいというとき、筋肉をただ鍛えるのではなく、筋肉をバランスよく連動させることが重要です。
    “ 筋連動” のために生まれた「alphaskinSKIN」なら、自分の能力を今まで以上に引き出してくれると期待しています。

  • 勝負の瞬間、自分の力の
    すべてを出しきるために。
    RUGBY 流 大

    体格で勝る世界のラグビープレーヤーたちと日本人選手が戦っていくためには、自分のパフォーマンスのすべてを出し切らなくてはなりません。“ 筋連動” を意識することで、アスリートがもともと持っていた能力を最大限に引き出してくれる「alphaskinSKIN」は、そのための大きな力になってくれるはずです。

  • 十種競技にはバランスのよい
    “筋連動”が重要。
    RUNNING 中村 明彦

    十種競技では様々な競技に挑みます。競技ごとに求められるカラダの動きも異なるので、それぞれの筋肉が持っている能力をいかにバランスよく引き出すか、つまり“ 筋連動” がとても重要になってきます。「alphaskinSKIN」を着用して、“ 筋連動” を意識することで、世界の舞台で戦うためのパフォーマンスを高めたいと思います。