2019.09.01

コラム

ダイエットにもおすすめ!美味しい嬉しい焼き芋の効果

 

甘くて美味しいスイーツ。でもダイエット中だとカロリーが気になって控えている人もいるのではないでしょうか。そんな時におすすめな食ベ物が焼き芋です。上手に食べればダイエット中にも向いている焼き芋。今回はその嬉しい効果や食べ方を紹介します。

 

実は優秀!焼き芋の栄養価

 

焼き芋がダイエットにも効果的といわれるのは、栄養素が豊富にあるからです。代表的な栄養素を見ていきましょう。


1. 食べ過ぎを防ぐ!豊富な食物繊維
焼き芋(サツマイモ)には食物繊維がたっぷり入っています。その量はイモ類の中ではトップクラス。ジャガイモの約2倍といわれています。食物繊維が満腹感を感じさせ、食べ過ぎを防ぐ効果があります。


2. 代謝を上げるビタミン類
焼き芋にはエネルギーの代謝を良くするビタミンB群が多く含まれています。また、ビタミンC、Eなども含まれ、髪の毛やお肌の細胞の生成にも効果があります。美味しく食べて、痩せやすい身体作りに必要なエネルギー代謝も上がるとは嬉しいですね。ちなみに、焼き芋に含まれるビタミンは熱に強い為加熱してもあまり減少しません。


3.むくみを解消する!カリウム
カリウムには体内の余分なナトリウムを排出する働きがあり、イモ類に多く含まれています。むくみの解消にも期待できますよ。ただし、カリウムは調理中に失われてしまうことが多いため、丸ごと調理して摂取するのがおすすめです。

 

焼き芋がダイエットにおすすめな理由

 

では、焼き芋がダイエットにおすすめな理由について、知っておくとよい注意点と合わせて紹介します。


◇カロリーについて
ダイエットと言えば気になるのがカロリー。焼き芋のカロリーは100gあたり163kcalと意外と低めなのでおすすめです。しかし、他のイモ類に比べると、食べ応えや甘みもある焼き芋(サツマイモ)は、カロリーも、そして糖質も高め。砂糖を加えるなど調理法によっては、さらにカロリーが上がるので注意しましょう。また一度に食べる量は1/2本を目安にするのがおすすめです。


◇GI値が低い
「GI値」という言葉を知っていますか。食後の血糖値の上昇度合いを示す指標で、耳にする機会もあると思います。GI値が高い食品を摂ると一気に血糖値が上昇する為、身体への負担が大きく肥満になりやすいといわれています。一方、GI値が低い食品は糖の吸収が穏やかな為、血糖値は緩やかに上がります。炭水化物をゆっくり吸収するので、脂肪がつきにくくなる効果が期待できます。焼き芋はこのGI値が低く、同じイモ類でもジャガイモよりサツマイモの方がIG値は低いです。

 

家庭でも簡単にできる!焼き芋の作り方

 

焼き芋は、家庭でも簡単においしく作ることができます。


◇オーブントースター編


①アルミホイルを敷き190度までトースターを温める
②サツマイモを①で30~40分加熱する。その際途中でひっくり返す
③竹串がすっと刺されば出来上がり


少し時間はかかりますが、とても簡単に作れます。


◇電子レンジ編


① 水にぬらしたキッチンペーパーにサツマイモを包み、500ワットで2分
② 解凍モードで20分(解凍モードがない場合は100ワットでセットする)


電子レンジを使っているので、焼いているわけではありませんが、ホクホクで食べることができますよ。


◇フライパン編


① アルミホイルで巻いたサツマイモをフライパンに入れてふたをする
② 焼き面をひっくり返しながら弱火でじっくり60分ほどかけて焼く


甘さ抜群のトロリとした焼き芋が出来上がります。


◇炊飯器編


① 洗ったサツマイモを炊飯器に入れて30~50ccの水を加える
② 早炊きコースでOK


こちらも焼いているわけではないですが、ボタン一つで簡単においしく作れます。

 

ダイエットに効果的な食べ方

 

ダイエット効果も期待できる焼き芋。しかし食べ方によっては逆効果になることも。失敗しないために、美味しく効果的なダイエットに繋がるポイントをまとめました。


◇食べるタイミング
エネルギーとして消費されやすい朝や昼に食べるのがおすすめです。消費できなかった糖質は身体に蓄積されやすいので、夜に食べるのは控えましょう。


◇食べる順番
よりダイエット効果を高めるためには、食べる順番を意識してみましょう。糖質の少ない食べ物から順に食べて血糖値の上昇をゆるやかにします。野菜→肉・魚→サツマイモの順などが良いです。


◇食べ過ぎない
ダイエットにおすすすめといっても、沢山食べるのは逆効果。他の食材も同じです。消費カロリーより摂取カロリーが上回らないよう、食べる量(焼き芋も一度に1本ではなく半分がおすすめ)を意識して食べ過ぎには注意しましょう。


◇水分と一緒に食べる
なるべくお水やお茶など水分も一緒に摂りましょう。焼き芋に含まれる食物繊維は、水分を含むと膨張します。そのため他のおやつよりも満足感が長く続きます。

 

 

美味しくて、栄養もあり、ダイエットも期待できる焼き芋。しかし食べるだけではなかなかダイエットの効果が見えないという方は、適度な運動もプラスしてみるのがおすすめです。アルペンクイックフィットネスは30分という短い時間で手軽に運動ができるので忙しい方やトレーニング初心者の方も続けやすいです。気持ちもポジティブに理想のキレイ体型を目指しましょう。

一覧を見る

CATEGORY