RECRUITING SITE

TOP
MESSAGE
社長メッセージ

MESSAGE

スポーツをもっと身近に

アルペングループは、「スキーの楽しさを広めたい」という想いのもと、1972年に15坪の小さなスキーショップとして生まれました。ウィンターブームを牽引して急成長を果たすと、1983年にはゴルフ5、1997年にはスポーツデポと業態を拡大し、30年以上にわたってスポーツ小売業界のトップランナーとして走り続けてきました。そして2018年にはアルペンアウトドアーズをはじめとした「体験型」のアウトドア専門店をオープンするなど、現状に満足せず、様々なフィールドでの挑戦を続けています。

『スポーツをもっと身近に』という現在のコーポレートスローガンにはアルペングループの様々な“想い”が込められています。

私たちは、スポーツが人生を豊かにすると信じています。スポーツをすることで、突然素晴らしいアイデアがひらめいたり、健康な身体や生活を手に入れることで思い描いている夢に早く近づくことができます。家族やたくさんの仲間とのコミュニケーションが生まれたり、素晴らしい景色に心が洗われる体験やこれまで体験したことのない大きな感動に出会えることもあります。喜びだけではなく悔しさや悲しみの経験が、時には人生を学び、人として成長するきっかけとなることもあるでしょう。そんな素晴らしいスポーツを、もっと多くの人たちに体感していただきたい、スポーツを楽しむ人たちに寄り添う存在でありたい。そんな強い想いを、この短い言葉に託しています。

『スポーツをもっと身近に』するために、商品、マーケティング、売場、接客など、すべての面で私たちは今後も進化し続けます。そのために、「アルペンユニバーシティー」という教育研修組織が、学習し成長し続けられる人材育成の理論や手法の改善にも継続的に取り組んでいます。また、「女性活躍推進プロジェクト」という社長直轄のチームが、年齢や性別、出産や育児などのライフイベントに左右されることなく、個人の持つ力を100%発揮できる企業づくりを推進しています。

そしてこれからは、私たちがこれまでに培ってきた力だけでなく、新しい感性を持った皆さんの力が必要です。アルペングループには皆さんが活躍できるフィールドが広がっています。私たちの“想い”に共感し、新しいことに挑戦したい方は是非、アルペングループの門戸をたたいてください。

株式会社アルペン
代表取締役社長

水野 敦之