オーダークラブ工房(ワークショップ)

オーダークラブ工房(ワークショップ)

ゴルファーも十人いれば、スイングも悩みも十通りです。経験や勘に頼った型どおりのアドバイスでは、一人ひとりにベストマッチするクラブを見つけるのは容易ではありません。ゴルフ5のオーダークラブ工房では、科学の目とクラフトマンの目で、あなたの力とクラブの力を最大限に引き出します。

データ計測器によるスイング診断と確かなクラフトマン

GOLF5オーダークラブ工房では、最新のデータ計測器で今まで感覚的にしか捉えることの出来なかったお客様のスイング傾向や悩みに対する原因などを、科学的に分析することができます。下の写真は実際のヘッド軌道・球筋診断での分析結果です。
(データ計測器によるヘッド軌道・球筋診断の例)
  • ヘッド軌跡=イン・アウト

    球筋=プッシュアウト・フック

  • ヘッド軌跡=ストレート

    球筋=ストレート

  • ヘッド軌跡=アウト・イン

    球筋=スライス・ひっかけ

例えば、飛距離を伸ばす最重要ポイントは、ボールの曲りを抑えることです。
まずはまっすぐ飛ばすことが最優先となることは当然ですが、その上で飛距離アップをさせるポイントが3つあります。下図は、ヘッドスピード別の最適スピン量、最適打ち出し角を示したものです。

 ヘッドスピード  最適スピン量  最適打ち出し角
 35以下  2800~3200rpm  14~17度
 35~40m/s  2500~3000rpm  13~16度
 40~44m/s  2200~2800rpm  12~15度
 44~48m/s  1900~2600rpm  10~14度

最適スピン量と最適打ち出し角で、エネルギーロスがなく打ち出されたボールは、きれいな放物線を描き、
最大の飛距離をもたらします。ただし、ここで問題となるのは、スピン量、打ち出し角の2つはお客様のヘッドスピードによって最適数値が違ってくることです。

また、ミート率が悪いと、インパクト時にエネルギーロスが発生しています。現在ご使用のクラブでデータ計測すれば、ミート率を測定できますので、なぜ、「うまくあたらないのか?」 という原因も科学的に分析可能なのです。

データ計測器でのスイング診断を元に、クラフトマンがお客様の体力、体型などもデータに加え、お客様に最適なスピン量、打ち出し角、ミート率を実現するベストマッチのヘッドシャフトをアドバイスいたします。もちろんご予算に応じてセッティング出来ますのでどんどんクラフトマンに注文をつけて納得のクラブを手に入れて下さい。世界の一流ブランドシャフト、ヘッド、グリップも充実の品揃えですからあなただけのオリジナルクラブを手に入れることが出来ます。

私たちクラフトマンにお任せください お客様のお悩みに適確なアドバイス!! プロのアドバイスから生まれる安心感

オーダークラブ工房では、お客様のスイングを克明に記録するだけではなく、 ゴルフ専門店の名に恥じない、専任のクラフトマンが、 お客様の疑問や悩みにフレンドリーにお答えします。